ふるさと納税入門

ふるさと納税入門

テレビCMでも話題のふるさと納税。

好きな自治体に寄附をするとお得に特産品が受け取れる・・・でもどうやって手続きするの?いくらでも寄附していいの?などよくわからないから利用していないという人もまだまだたくさんいるようです。

でもそれじゃもったいない!!実はとっても簡単なんですよ。やり方を覚えてふるさと納税を楽しみましょう。

ここでは初めてふるさと納税を利用する人の為に仕組みや納税方法をお伝えします。ふるさと納税初心者は必見です。

ふるさと納税の仕組み

自分の好きな自治体を寄附を通して応援し、自治体はその寄附金を使って地域の活性化を図ります。そのお礼品として特産物などがもらえる仕組みです。

寄附した金額はその年の所得税から還付され、翌年度の個人住民税などから控除されるので実質2,000円の自己負担だけなんです。

ふるさと納税のやり方

ではまずふるさと納税のやり方から見ていきましょう。

①自分のふるさと納税の控除上限額を確認する

ふるさと納税で忘れてはいけないのがこの「控除上限額」。年収や家族構成によって変わってくるので自分の控除上限額がいくらなのかを必ず確認しましょう。各サイトや総務省のホームページで控除上限額のシミュレーションができます。

控除上限額シミュレーション

自分の控除上限額めいいっぱい寄附しても自己負担の2,000円を除いて全額控除の対象になります。

控除上限額よりも多く寄附もできますしお礼品も受け取れますが、その分自己負担額は大きくなります。

②好きな自治体やお礼品(返礼品)を決める

ふるさと納税ではたくさんの自治体が参加し寄附を募っています。自分のふるさとやよく行く旅行先などお気に入りの自治体を決めましょう。

高級なお肉や新鮮な魚介類、最新家電、旅行券など豪華な返礼品も多数ありますので、返礼品から決める人も少なくありません。

CMでおなじみの「さとふる」や「ふるなび」、通信販売大手「楽天ふるさと納税」など様々なサイトがあるので参考にしてみてください。

最近ふるさと納税の偽サイトも増えてきているので上記のような安心できるサイトから寄附するのがおすすめです。

③寄附を申し込む

寄附する自治体が決まったら申し込みに進みます。

自分の名前や送付先の住所、支払い方法などを入力します。

基本的なことを入力するだけなので通販サイトでお買い物をする感覚でとっても簡単に申し込むことができますよ。

④お礼品(返礼品)を受け取る

待ちに待った返礼品が自治体から届きます。箱を開けるのが楽しみですね。自治体や返礼品によって申し込んでから手元に届くまでの時間が異なりますので、備考欄の発送予定を確認しておきましょう。

あくまでもその自治体からのお礼の品なので届かない届かないと考えずに首を長~くして待っていましょうね。

⑤寄附金受領証明書を受け取る

寄附をした自治体から「寄附金受領証明書」という寄附金の領収書が届きます。これは確定申告を行う際に必要になる大切な書類なのできちんと保管しておいてください。

寄附金受領証明書は返礼品と同封されていたり、寄附後1~2か月後に送られてくるなど自治体によって様々です。

⑥確定申告を行う

ふるさと納税は住民税と所得税から一定の控除を受けることができる仕組みです。自治体から送られてきた「寄附金受領証明書」を必ず添付して申告してください。

確定申告は期間が決められているので期間内に申請を行ってくださいね。

またサラリーマンなどの給与所得者は「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を利用すると確定申告を行わずにふるさと納税を利用でき、寄付金控除が受けられることができます。

確定申告 ふるさと納税ワンストップ特例制度

・ふるさと納税でたくさんの自治体に寄附したい人

・手続きは1回で済ませたい人

・自営業や高所得者など確定申告が必要な人

・ふるさと納税で寄附したい自治体が5つ以下の人

・ふるさと納税をしていない場合に確定申告が不要のサラリーマンなどの給与所得者

ふるさと納税ワンストップ特例制度を利用する場合は寄附した自治体に申請書を提出する必要があります。さとふるふるなび楽天ふるさと納税など各サイトでは申請書をダウンロードできたり申請書の送付を希望すると、寄附した自治体が寄附金受領証明書と一緒に届けてくれます。

また申請書と一緒に①②③のいずれかの組み合わせでの書類の提出が必要です。

①マイナンバーカード表面のコピー+マイナンバーカード裏面のコピー

②マイナンバー通知カード、マイナンバーの記載されている住民票のいずれか1点のコピー+運転免許証、パスポートのいずれか1点のコピー

③マイナバー通知カード、マイナンバーの記載されている住民票のいずれか1点のコピー+健康保険証、年金手帳、提出先自治体が認める公的書類のいずれか2点のコピー

記入した申請書類と各種書類を揃えて、寄附をした自治体宛てに翌年の1月10日までに届くように郵送してください。これを寄附した回数だけ必要になります。不備があると寄附金控除が受けられられないので注意してくださいね。

また申請書を提出した後に引っ越しなどで住所が変わったり入籍などで名前が変わった場合は「寄附金税額控除に係る申告特例申請事項変更届出書」を、翌年の1月10日までに寄附した自治体に郵送してください。

まとめ

いかがでしたか?

よくわからないから手がなかなか出せなかった人も簡単にできると思えたと思います。

ふるさと納税ワンストップ特例制度も会社員の人でしたらとても使いやすい制度ですよね。ただあまりにも寄附回数が多いと確定申告をしてしまったほうが手間がかからない場合もあるので、よく見極めてお手軽にふるさと納税を楽しみたいですね。

また各サイトにも初めての人用に丁寧に説明しているページもあるのでそちらも是非活用してください。

ふるさと納税おすすめサイト
おすすめNo.1
ふるさと納税を世に広めたと言っても過言ではないサイトです。認知度・利用意向3年連続No.1と人気があります。マイページでは寄付受付履歴やサポートセンターに電話で問い合わせることが可能なので、初めて利用する人は安心ですね。

詳細ページ公式ページ

おすすめNo.2
サーティワンアイスクリームや旅行券、家電製品を多く取り扱っているサイトです。ふるなびBlogでは返礼品を実際に受け取り食べての感想や、返礼品の比較などをしているのでわかりやすいですね。また特集も数多く取り上げられているのも特徴です。

詳細ページ公式ページ

おすすめNo.3
お買い物でも超有名な楽天市場のふるさと納税サイトです。楽天市場で気軽にお買い物をするように簡単にふるさと納税ができるのが特徴です。また楽天ポイントも貯まるので楽天市場を利用している人にはもってこいですね。

詳細ページ公式ページ

おすすめNo.4
Wowma!ふるさと納税
人気・話題のファッションやコスメ、グルメ、日用品などが揃った総合 ショッピングサイトのふるさと納税サイトです。KDDIが運営しているのでauの通信料も一緒に払えるという手軽さ。auユーザーに特にオススメしています。1,000円キャッシュバックなど期間限定のキャンペーンなども行っているので要チェックです。

詳細ページ公式ページ